軽く考えていた歯周病って、本当は怖い病気だったんだ!

歯医者さんで定期検診を受けることの大切さ

私たちが歯医者さんに行くときは、虫歯が痛くなったときや歯が欠けたり取れてしまって新しい歯を埋めようとするときが多いのですが、欧米や他の国では、日常的に歯のケアや検診のために歯医者さんに通っています。これは、歯や歯の周辺の病気を深刻に捉えているためです。日本人の場合、歯のケアというと、毎日の歯磨きなどには神経を使っていますが、この場合はどちらかというと歯をきれいに見せたいとか口臭を防ぎたいという理由からのようです。

歯周病が進むと抜歯するしかなくなることも

歯の代表的な病気として歯周病というものがありますが、この病気は一般の認識以上に怖い病気とされています。口腔内に棲んでいる歯周病菌によってもたらされるのが歯周病ですが、これは放置していると歯茎を支えている骨をも溶かしてしまうようになるのです。そして、ここまで侵攻してしまうと、抜歯するしかなくなるのです。

歯周病対策として大事なのは毎日の丁寧な歯磨き

じつは、歯周病菌を完全に除去するのは難しいこととされています。歯周病菌自体をたいていの人は持っているということなのです。日本では歯がぐらついたり歯茎が腫れたりするのを歯周病と捉えられることが多いのですが、本当はもっと広い意味があるということです。だれもがいつ発症して深刻な症状になってもおかしくない病気だけに、予防というものが何より大切になります。毎日の丁寧な歯磨きを欠かさないのと同時に定期的に歯医者さんに通って、歯周病の前段階になる歯垢やプラークを除去してもらい、歯周病が発症していないかチェックしてもらうことをお勧めします。

鎌ヶ谷の歯医者さんは、それぞれの強みを打ち出している歯医者さんがあるので、空間、技術、先生の雰囲気など、自分の求める点に合わせて選ぶとよいと思います。


Exercise Habits ©2018. All Rights Reserved.