必見!発毛のためにヘアサイクルを理解しよう!

ヘアサイクルは何年周期?

毛髪にはヘアサイクルと呼ばれる一定の周期があるのですが、このサイクルはおよそ4年から6年程度で一回りを繰り返しています。発毛にはこのヘアサイクルが正常に回ることが非常に重要になってくるのです。

髪の成長は完全に止まる時期があるってホント?

発毛の仕組みを理解するにはヘアサイクルを良く知ることが大切になります。このヘアサイクルの中でも最も長い時期は成長期で、この成長期の間に髪の毛は長く太く成長するのです。毛髪のほぼ90%はこの成長期にあたるのですが、それが終わると退行期と呼ばれる毛髪の成長が止まる時期となります。これは毛髪全体の約1%で、その後にくるのが毛髪の10%から20%の成長が止まる休止期なのです。こうなると髪の成長は完全に止まります。この休止期から3ヶ月ほどたつと、脱毛期がきて毛髪が抜け落ちていくわけです。ヘアサイクルとは、こうして成長期・退行期・休止期・脱毛期を繰り返していくことを指しているのです。

また発毛とは色々な原因によって髪が無くなってしまった状態から髪を生えさせることですから、例えば発毛剤などはその名の通り発毛を促すことが目的となっているわけです。ですから発毛剤と育毛剤では、目的が似ているようで違ってきます。発毛剤を使用することで頭部にある毛母細胞を刺激することになりますから、成長せずに休止してしまっていた毛根から再び発毛を促進することができるのです。また育毛剤でも発毛促進の働きが期待できますが、育毛剤はあくまで育毛が目的なので発毛とは少し違う働きがあるとも言えるでしょう。

薄毛や抜け毛が心配ならば、発毛に関する情報を集めましょう。評判の育毛剤や、鍼灸の治療について調べることをおすすめします。


Exercise Habits ©2017. All Rights Reserved.