必見!デリケートゾーンの脱毛を自分でやる方法

剃るなら万全の準備が必要です

いわゆるVIOと呼ばれる部分の毛の処理は、できれば専門家に任せておくのが無難です。ただし、抵抗を感じる人も多く、他人に見られるのは恥ずかしいといったことや、料金が高いなど理由はさまざまです。

どうしても脱毛サロンが嫌なら自分でやるしかないのですが、その前に十分な準備をしておきたいところです。特に慣れていないのであれば、剃刀はやめておく方が無難です。なぜなら剃る場所によっては、直接見ることができないため、下手をすると皮膚を切ってしまう可能性があるからです。そこで電気シェーバーがあると便利です。これなら刃が肌に触れないようになっていることが多いですし、加えて何枚かの鏡があると剃りやすいです。

ワックスのメリットと使い方

剃刀が怖いなら、ワックスを使ってみるというのも良い方法です。これは毛が生えている部分に塗っておき、しばらく待ってから剥がせば良いだけです。しかも短時間で終わるため、気がついた時にすぐに行える上に、毛の根元から抜くことになるのでツルツルの状態が長く続きます。

メリットが多いワックスですが、人によっては塗った部分がかぶれたり荒れたりする場合があります。肌が弱いと自覚しているなら、使うワックスは無添加や無香料と書いてあるものにしておきましょう。それから念のためデリケートなゾーンに使用する前に、腕などの目立たないところに塗って、異常が出ないのかを確認すると良いです。その後、化粧水を塗って保湿しておけば、乾燥するのを防げます。

VIOライン脱毛とは陰毛の足の付け根の毛(V)膣の周りの毛(I)お尻の穴の周りの毛(o)を脱毛する事です。


Exercise Habits ©2018. All Rights Reserved.